静岡大学と浜松医科大学は、それぞれの強みや特色を活かし、光技術を基礎とした医工連携分野に精通した光医工学の高度専門人材の育成を目的とする共同教育課程「光医工学共同専攻(後期3年博士課程)」を2018年4月に開設する。

 「光医工学共同専攻」は、静岡大学のセンシング技術やイメージング技術、生体情報信号取得技術、浜松医科大の革新的医療技術と新規医療機器の開発など、両大学のもつ世界最先端の研究分野および研究成果を学生・教員・研究のレベルで融合し、教育課程を展開していくのが特色。

 両大学が共同して教育課程を編成・実施する大学院で、光医工学分野の高度な教育と研究指導を行う。入学学定員は静岡大学5名、浜松医科大学3名で、専任教員は静岡大学8名、浜松医科大学7名の予定。
また、静岡大学の電子工学研究所、光創起イノベーション研究拠点、浜松医科大学の光尖端医学教育研究センター、はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点を共同の研究の場とすることで、企業の研究者等と人事交流、技術指導の享受が可能となる。

 「光医工学共同専攻」の入学者選抜方法等については、2017年9月中に両大学のホームページで公表する予定。

出典:【浜松医科大学・静岡大学】光医工学共同専攻設置

 

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、6学部1教育プログラムを擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点として、世[…]

浜松医科大学

良質な医療人を育成し、独創性のある研究成果を世界に発信し、地域医療を中核的に担う

浜松医科大学は、医学・看護学に関する基礎的知識・技術の習得はもちろんのこと、問題解決能力と自学自習の態度・習慣を身につけ、医療倫理を尊重して、人々の健康に貢献することを誇りとする医療人の育成をめざしています。医科大学の特性を生かした医学科と看護学科の学生が共に[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。