物質・材料研究機構と北海道教育大学、浜松医科大学は、ハエの脚裏の構造を参考にし、繰り返し着脱が可能な接着構造の開発に成功した。持続可能社会の環境調和技術として広く普及が期待されそうだ。

 物質・材料研究機構によると、同機構の細田奈麻絵グループリーダーら研究グループは昆虫の脚裏の接着構造が少ないエネルギーと常温下で形成されている点に着目し、ハエの脚裏にあるヘラ状の剛毛を参考にして単純かつ低コストで生産できる接着構造を開発した。繰り返し着脱が可能なことも特徴で、キイロショウジョウバエがさなぎの中で成長する姿を観察して実現にこぎつけた。

 これまで丈夫な製品は強力な接着によって生産されてきたが、強力な接着はリサイクル時の分解や分別を妨げる障害になる。そこで、研究グループはキイロショウジョウバエの接着構造形成の過程を模倣し、ナイロン繊維によるヘラ構造を形成と固化という2つの段階だけで製作することに成功した。

 力をかける方向によって強い接着力を示す一方、簡単に着脱が可能。接着力は9平方センチ内の756本で体重60キロの人間をぶら下げることができる。産業用ロボットのアームに取り付け、滑りやすい製品を保持できるほか、屋外用ロボットの脚に利用して昆虫のように垂直の壁を上るなどの利用が考えられている。

論文情報:【Communications Biology】Framework with cytoskeletal actin filaments forming insect footpad hairs inspires biomimetic adhesive device design

浜松医科大学

単科医科大学として社会に貢献し、世界に光医学を中心とした研究成果を発信する特色のある大学を目指す。

高度な知識・技術及び豊かな人間性と医の倫理を身に付けた優れた臨床医・看護専門職並びに医学研究者・看護学研究者を養成します。 近隣の自治体と協力して総合診療医の養成を意欲的に進め、日本のモデルとなることを目指しています。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。