日本ユースホステル協会は、学生向けポータルサイト「学生の窓口」と合同で大学生世代の旅行実態調査を実施。その調査結果を公表した。回答数は201名。

 調査によると、大学生の一人旅の経験について、「1回以上一人旅をしたことがある」と回答した学生が34.9%。「一人旅の経験はない」と回答した学生が65.1%だった。「一人旅の経験はない」と回答した学生のうち、「今後、一人旅をしたいと考えている」と回答した学生が58.8%で、回答者全体の73.1%が「一人旅の経験者」または「一人旅を検討している」ことがわかった。

 また、回答者の内77.6%の学生が同じ予算(10万円)なら「格安宿を借り、2週間滞在する旅行」を選択。文理男女別では理系男女がそれぞれ「豪華なホテルに一泊 25%」「格安宿2週間 75%」と男女共に共通した傾向の回答となった。一方、文系では男子が「豪華なホテルに一泊 36%」「格安宿2週間 64%」、女子が「豪華なホテルに一泊 17%」「格安宿2週間 83%」と回答。文系の男女に意識の違いが出る結果となった。

 学生のうちに行ってみたい旅行先は、国内では文系理系男女問わず「北海道」「沖縄」が人気。海外の旅行先は男女共に「アメリカ」の回答が最も多く、男女別では女子はアメリカに次いで韓国、フランス、イタリア、台湾。男子はイタリア、ドイツ、フランス、スペインだった。エリア別ではヨーロッパの人気が高く、「北欧」や「ヨーロッパ周遊」など周遊型の旅を学生の内に体験したいという傾向があることもわかった。

 ユースホステルとは、ドイツ発祥の宿泊施設のネットワーク。国際ユースホステル連盟に加盟する各国のユースホステル協会が、世界およそ80の国と地域に約3,600ヶ所の宿泊施設を設置・運営。その内およそ200ヶ所のユースホステルが日本国内に設置されている。

参考:【日本ユースホステル協会】 【8月26日はユースホステルの日】大学生世代の旅行意識調査で約7割が「一人旅」を経験・関心ありと回答。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。