2023年5月19日、昭和女子大学の「SWU-TUJダブル・ディグリー・プログラム」2期生5人が米国ペンシルベニア州立テンプル大学を卒業した。

 「SWU-TUJダブル・ディグリー・プログラム」は、昭和女子大学で2年半から3年間、敷地内のテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)で2年間学んで両大学の学位を取得する。2期生は国際学部国際学科3人・英語コミュニケーション学科2人で、2021年にTUJに編入し、政治、歴史、哲学などリベラルアーツを幅広く学び、BA (学士号) in General Studies Major (教養学科), Concentration in Asian Studies (アジア研究コンセントレーション)の学位を取得した。5人はこの後、昭和女子大学で単位を認定して日米両大学から2つの学位を取得し、2023年9月に昭和女子大学を卒業する予定。

 両校は2019年にTUJが昭和女子大学世田谷キャンパスに移転して以来連携を深めており、ダブル・ ディグリー・プログラムは対象を国際学科、英語コミュニケーション学科に加えて、2022年秋からグローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科にも拡大。また、全学科で科目等履修や共同授業が行われ、日米の学生が一緒に学び、サークル活動やイベントを通じて学生同士が積極的に交流している。

 昭和女子大学のダブル・ディグリー・プログラムは、2014年度に上海交通大学(中国)との間で始まり、ソウル女子大学校・淑明女子大学校(韓国)、クイーンズランド大学(オーストラリア)と、計4か国5大学と実施している。すでに70人超が2大学の学位を取得してプログラムを修了した。

参考:【昭和女子大学】同じキャンパスにある日米2大学で学ぶ 「SWU-TUJ ダブル・ディグリー・プログラム」2期生が米州立大学を卒業

昭和女子大学

多様性に満ちたスーパーグローバルキャンパスで、人生を切り拓く力を養成

学びを深め、視野を広げる6学部14学科を擁し、高度な専門知識に加えて、社会で活躍するための幅広い力を身につけるためのキャリア教育とグローバル人材育成教育に力を注いでいます。キャリア関連科目は1年次から始まり、インターンシップや就職支援講座も多数開設。海外キャン[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。