東日本国際大学エジプト考古学研究所は、2018年7月5日、東京大学をはじめとする4大学の研究室・研究センターなどと「大ピラミッド探査プロジェクト」に関する覚書を締結した。

 この締結により、東日本国際大学エジプト考古学研究所は、東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻宮本英昭研究室、千葉工業大学惑星探査研究センター、東北大学東北アジア研究センター佐藤源之研究室、九州大学大学院総合理工学研究院エネルギー科学部門渡辺・金研究室、有限会社タイプエスと連携協力し、「大ピラミッド探査プロジェクト」を進める。

 「大ピラミッド探査プロジェクト」は、最新の科学技術を用いて大ピラミッド内部の未知の空間を探し出すプロジェクト。ドローンと3次元レーザースキャナを用いた測量、GPR(地中レーダー)を用いた探査、宇宙線ミュオンによる透視技術「ミュオグラフィ」を用いた探査の3つを行う予定。

 ドローンによる測量は、タイプエスが担当。短時間で広範囲の正確な測量データを得ることができる。GPR探査は、電波を送信して反射波の受信パターンから地下構造を推定する探査技術。今回は観測データを3次元化し、ピラミッド内部の探査に応用。GPRの先駆者的存在の東北大学の佐藤源之教授と、「はやぶさ2」に関わっている千葉工業大学の千秋博紀上席研究員、東京大学の宮本英昭教授のチームが観測を担当する。ミュオグラフィ探査は、九州大学の金政浩准教授が担当。平均して1分間に1万個/平方メートル程度が地上で観測される宇宙線ミュオンを用い、新たに開発した装置でミュオンの強度変化を計測し、GPRの探査で得られた結果を検証する。

 東日本国際大学の吉村作治学長は「ピラミッドの探査は予測がつかないこともありますが、ぜひ結果を出して、いわきのエジプト研究所はすごいと、名をとどろかせるよう力を尽くしてまいります」と決意を述べた。

出典:【東日本国際大学】 東日本国際大学エジプト考古学研究所が「大ピラミッド探査プロジェクト」の記者発表と研究発表会を開催 — 東京大学など4大学の研究室・研究センターなどと連携 https://digitalpr.jp/r/28679

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。