産業技術総合研究所(以下、「産総研」)と名古屋大学の共同研究チームは、新潟県の「糸魚川」地域での地質調査の結果をまとめた5万分の1地質図幅「糸魚川」を完成し、刊行した。

 日本の地質は「糸魚川-静岡構造線」を境にして大きく異なっているため、日本列島の成り立ちを考える上で重要な構造線とされている。また、構造線最北部の東側の北部フォッサ・マグナ地域は著しく隆起していると考えられているが、いつ、どのように隆起したのかは解明されていない。同地域は、地質学的に重要な意義を持つ地域にも関わらず、非常に急峻な山岳地帯のために詳細な地質調査が行われず、これまで詳細な地質図がなかった。

 そこで、同研究チームは、2012年から2014年にかけて、最北端の図幅となる「糸魚川」地域の地質調査を115日間行い、地層の種類や分布、地質構造の詳細を明らかにし、5万分の1地質図幅「糸魚川」としてまとめた。また、岩石の化学分析、火山灰の分析、微化石分析、フィッション・トラック年代計測を実施し、各地層の正確な区分や形成された年代を整理し、「糸魚川」地域の地質の成り立ちを解明した。また、これまでユーラシアプレートと北アメリカプレートとの境界が糸魚川-静岡構造線を通るとの説があったが、今回、「糸魚川」地域を含む最北部地域はプレート境界ではないことが明らかとなった。

 この図幅は産総研が提携する委託販売店より9月20日頃から委託販売を開始する。

参考:【産業技術総合研究所】日本を分断する糸魚川-静岡構造線最北部の謎が明らかに

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。