2018年9月1日にさいたまスーパーアリーナで開催された「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER」で、淑徳大学の学生17名がインターンシップを体験した。

 東京ガールズコレクションは、2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションフェスタ。約100名のモデルが人気ブランドの最新トレンドを披露し、俳優や芸能人が登場し、アーティストのスペシャルライブなどを行う。約3万人が詰めかける大イベントだ。

 淑徳大学では、学生が地域社会や行政・企業と連携し、奉仕活動(サービス)と学習活動(ラーニング)の実践を行う教育プログラムを設けている。今回の「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER インターンシッププロジェクト」は、学生たちのサービス・ラーニングをサポートする機関、サービスラーニングセンターが独自に企画した。

 開催約1週間前の2018年8月22日、インターンシップ事前学習会が行われた。参加学生17名は東京ガールズコレクションの歴史や特徴、そしてブランドディレクターから今シーズンのファッションや着こなしなどのレクチャーを受けたほか、当日の業務担当や心構えについて説明を受けた。

 インターンシップ初日は、開催前日の2018年8月31日。学生たちは会場となるさいたまスーパーアリーナに集合し、ステージリハーサルのためのモデル代役業務、出演者用お土産の準備やバックヤードでの出演者導線の確認などを実施。9月1日の本番は、グッズ販売やモデルの衣装替えサポート、バックヤードで取材を受ける出演者の誘導業務などに分かれイベント運営に参加した。

 学生ではなく東京ガールズコレクションのスタッフとして、臨機応変に対応することが求められた今回のインターンシップ。貴重な経験を通じ、運営に参加すること、参加して気づくことや悩むことから多くの気づきを得た。

参考:【淑徳大学】東京ガールズコレクション 2018 A/Wインターンシッププロジェクト

淑徳大学
淑徳大学

“なりたい自分”になるために。未来の“わたし”にふさわしい学びが、ここにある

淑徳大学は、総合福祉・コミュニティ政策・看護栄養・経営・教育・人文学の6学部11学科からなる総合大学です。建学の精神「利他共生」の精神を礎とし、学士としての基礎能力を備え、様々な分野で活躍する共生実践人材を育成。社会で活躍する力になる実践的な学び、学生一人ひと[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。