千葉商科大学(千葉県市川市)の「瑞穂会」に所属する学生が、2018年11月10日に開催された「2018年秋季第62回全国大学対抗簿記大会」において、参加チームすべてが1位、2位、4位、6位に入賞、大会史上初の7連覇を達成した。

 11月27日には、この偉業を達成した学生に対して同大学図書館5階会議場において祝賀会が行われ、成績発表、原科幸彦学長による祝辞、フォトセッションなどが行われた。

 全国大学対抗簿記大会は大原大学院大学主催の大会で、「簿記の発展と交流の輪を広げる」「職業会計人を増やす」ことを目的に年2回(春・秋)開催され、今回は全国77大学から2,632名がエントリー。千葉商科大学からは「瑞穂会」に所属する商経学部の学生12名が1チーム3名の4チームを編成し、チームの平均点で競う団体戦に挑んだ。結果は4チームすべてが入賞、大会史上初の7連覇を果たした。また、個人戦1級の部でも1位~4位までを独占した。

 「瑞穂会」は千葉商科大学の会計教育研究所が運営している、日商簿記検定や税理士試験(会計科目)の資格取得のための勉強会。千葉商科大学の学生であれば誰でも入会可能であり、会計教育研究の実践の場として、専任教員が無料で指導を行っている。

参考:【千葉商科大学】瑞穂会が全国大学対抗簿記大会史上初の団体戦7連覇! 個人戦もトップ4を独占

千葉商科大学

「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

創立以来、社会で役立つ実学を学問の中心に据えています。座学に加え「やってみる、という学び方。」を推進していることが特徴です。経験と理論・知識の両輪で人を育て企業が求める力を身につけた人材を輩出します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。