淑徳大学東京ボランティアセンターは、これまでの知的障害者生涯学習支援事業などが評価され、「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰を受賞した。2018年12月4日に、文部科学省旧庁舎で授賞式が行われ、淑徳大学短期大学部の前原英明学長が出席した。

 文部科学省では、2017年度より障害者の生涯を通じた多様な学習を支える活動を行う個人又は団体について、活動内容が他の模範と認められるものに対し、その功績をたたえ文部科学大臣表彰を行っている。

 2018年度の文部科学大臣表彰を受けた淑徳大学東京ボランティアセンターでは、これまで知的障害者生涯学習支援事業として、「音楽で遊ぼう(余暇支援)」「一日大学体験(オープンカレッジ体制による生涯学習支援)」などを実施。いずれも知的障害者の“自己表現”をテーマとしたプログラムで、在学生や教職員が企画・立案、運営まで行ってきた。今回、これらの活動を含む、淑徳大学東京ボランティアセンターが2004年度から継続的に行ってきた知的障害者生涯学習支援活動の実績が評価され、文部科学大臣表彰を受賞した。授賞式で前原学長は、「これを機に、ますます充実した事業体制を整備して参りたいと考えております。」と、より一層の障害者の生涯学習支援活動への意欲を示した。

参考:【淑徳大学】淑徳大学東京ボランティアセンターが「障害者の生涯学習支援活動」に係る文部科学大臣表彰を受賞しました

淑徳大学
淑徳大学

“なりたい自分”になるために。未来の“わたし”にふさわしい学びが、ここにある

淑徳大学は、総合福祉・コミュニティ政策・看護栄養・経営・教育・人文学の6学部11学科からなる総合大学です。建学の精神「利他共生」の精神を礎とし、学士としての基礎能力を備え、様々な分野で活躍する共生実践人材を育成。社会で活躍する力になる実践的な学び、学生一人ひと[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。