岡山大学の総合技術部は、技術職員の高度専門人材養成を強化促進するため、東京工業大学が事務局を務めるTCカレッジのサテライト校として活動している。2023年度は試行として「TCカレッジ医工系コース」 を開講しており、12月18、19日に中級カリキュラム「3Dプリンタ実習(基礎)」を実施した。

 TCカレッジは2021年度から東京工業大学で始まった技術職員を対象とした高度人材育成のためのプログラムで、高い技術力・研究企画力を持つ技術職員をテクニカルコンダクター(TC)として認定する制度。岡山大学も参画しており、2023年度は「医工系コース」を試行し2024年度からの本格運用を目指している。

 今回開催した「3Dプリンタ実習(基礎)」は、津島キャンパスの工学部工作センターで実施。総合技術部設計製作・社会基盤技術課の工作センター配置の技術職員が講師を務め、工作センターに設置している2台の3Dプリンタ(PartPro300xTとMarkfoged X7)を使いカリキュラムを実施した。

 1日目は3Dプリンタの仕組み等基礎知識の座学を行った後、工作センター2階のプログラム室モデリングソフトを使って3Dデータを作成し、PartPro300xTで出力実習を行った。2日目は、1日目と別のモデリングソフトを使って3Dデータを作成し、Markfoged X7で出力実習を行った。

 また、次年度以降のカリキュラム共同運用について検討するため、TCカレッジサテライト「情報系TCコース」の山口大学の担当者と東京工業大学情報系コースの担当者もオンライン参加し、意見交換を行った。

 今回のカリキュラムについて、総合技術本部長を務める佐藤法仁副理事・副学長・URAは、3Dプリンターの技術は日進月歩であり、学術界においても日々の教育研究活動で使用することも多くなっていることから、技術職員の高度化を全学を挙げて戦略的に進めるとコメントした。

 岡山大学総合技術部では1月22日に、技術職員の組織化やキャリア形成などを議論するシンポジウム「チーム共用による技術職員組織構築の過去・現在・未来」 を開催。研究力の強化に向けて、2023年4月、80人の技術職員を組織化し「総合技術部」を立ち上げた岡山大学が、技術職員の組織構築をテーマに、文部科学省や3大学(東京工業大学、山口大学、琉球大学)とともに、組織の立ち上げから現在に至るまでのプロセスや工夫、課題、発展等について議論した。

参考:【岡山大学】TCカレッジ医工系コース 中級カリキュラム「3Dプリンタ実習(基礎)」を実施 ~技術職員の能力・技術向上の強化としての医工連携カリキュラム第二弾~
シンポジウム『チーム共用による技術職員組織構築の過去・現在・未来』

岡山大学

グローバルに活躍できる実践人として羽ばたく環境・体制づくりを推進

創立150周年あまり、10学部7研究科4研究所を有する国立大学。高度な研究活動の成果を基礎とし、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。