学校法人日ノ本学園は、2024年2月7日開催の理事会において、2025年度以降の姫路日ノ本短期大学の学生募集を停止することを決定した。

 姫路日ノ本短期大学は、1974年1月に日ノ本学園短期大学の設立認可を受け、同年4月に開校。以来49年間で輩出した卒業生は6,525人にのぼり、地域の幼稚園、保育園、こども園をはじめ各方面で活躍している。しかしながら、近年の18歳人口の減少、4年制大学志向など、短期大学にとって厳しい社会状況の中、姫路日ノ本短期大学でも大幅な定員割れが続いた。全学挙げてこれを克服すべく取り組んできたが、学校法人日ノ本学園、姫路日ノ本短期大学内において議論を重ねた結果、最終的に学生募集を停止することに決定した。

 2024年度入学生並びに在学生への教育、進路支援などは、これまでと同様、全力を挙げて取り組んでいく。また、学籍簿の管理や各種証明書の発行などは支障がないよう学校法人内に体制を整え、対応する。

 また、2025年度以降の学生募集停止に伴い、3月23日(土)に開催する予定だったオープンキャンパスも開催中止とする。

 姫路日ノ本短期大学の募集停止により、兵庫県 播磨エリアの短期大学は、豊岡短期大学姫路キャンパス(姫路市)、兵庫大学短期大学部(加古川市)の2校となる。

参考:【姫路日ノ本短期大学】姫路日ノ本短期大学の学生募集停止について

姫路日ノ本短期大学

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。