2024年5月7日、立教大学と同志社大学は相互協力・連携に関する協定を締結した。

 立教大学と同志社大学はキリスト教に基づく教育、またキリスト教主義を掲げ、これまでも教育研究における価値観を共有する関係を構築し、双方の学生、教職員による交流が行われてきた。体育会における「同立合同定期戦」は70回を超える伝統があり、長い年月をかけて培われてきた両大学の交流を象徴するものといえる。

 このたび、両大学が紡いできた関係をより強固なものとし、双方の発展に寄与すること、また学生、教職員による交流にとどまらない広範な教育研究における連携を目的として相互協力・連携に関する協定を締結した。

 協定により、キリスト教の諸活動における相互協力及び連携、教育、学術研究における相互協力及び連携、学生の正課外活動における相互交流、教職員の人事交流、ファカルティ・ディベロップメント及びスタッフ・ディベロップメントにおける相互協力及び連携、教育研究施設、装置及び設備の共同利用などを行う。

 立教大学は、1874年創立、2024年に創立150周年を迎える。総合大学としての強みを生かして11学部・15研究科の教育を展開している。西原廉太総長は「東京と京都と場所は違えど、この150年もの間、それぞれこの共振し合う「建学の精神」を基盤にして、丁寧なリベラルアーツ教育を行ってきた両大学が、この度、相互協力・連携に関する協定を調印することの意義と可能性は計り知れません」とコメントしている。

 同志社大学は、1875年に設立された同志社英学校をルーツとする、14学部・16研究科で構成される総合大学。2025年に創立150周年を迎える。小原克博学長は「立教学院は聖公会の伝統に立ち、同志社はプロテスタント(会衆派)の伝統に立っていますが、両大学の関係は、キリスト教教育の多様性と新たな可能性を開くことになるでしょう」とコメントしている。

参考:【立教大学】立教大学と同志社大学は相互協力・連携に関する協定を締結

立教大学

"RIKKYO Learning Style”で「新しい」グローバルリーダー力を習得

立教大学は、1874 年の創立以来、国際性やリーダーシップを育むリベラルアーツ教育を実践。現在は、10学部27学科8専修1コースを設置しています。心の豊かさとリーダーシップをあわせもち、グローバルな課題と社会的要請に対応し、広い視野に立って課題を発見・解決でき[…]

同志社大学

「一国の良心」を受け継ぐ。志を一つにして次代へ向けて邁進

1875年、新島襄によって同志社大学の前身である同志社英学校が創立。「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」を教育理念とする良心教育を実践してきました。真理を愛し人情を篤くする徳、個性を尊重し一人一人を大切にする精神、広い視野をもって世界を捉える力、これらを[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。