筑波大学医学群医学類は、自然科学において自ら発見した課題に対し、主体的かつ積極的に取り組み、その結果、到達した高い成果を評価する新たな入学者選抜「研究型人材入試」を実施することを発表した。

 「研究型人材入試」では、「自然科学分野の研究で優れた成果を得た者」や「研究成果が学術誌等に掲載された者」、「将来研究に携わる強い意志と適性を持つ者」、「バランスのとれた人格や倫理観・規範意識の高い者」を中心に入学者を選抜する。入学後は、研究室演習、新医学専攻、ヒューマニクス学位プログラム等に積極的に参加し、研究者としての素養を培う。そして、卒業後には、医学・生命科学を担う研究者として国際的に活躍することが期待されている。

 医学群医学類における「研究型人材入試」の募集人員は若干名。2019年6月に募集要項を公表し、8月から出願を受け付ける。その後、9月に第一次選考、10月に第二次選考、2020年1月に大学入試センター試験、2月に最終選考および合格発表を行う予定。

参考:【筑波大学】医学群医学類における「研究型人材入試」の導入について(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。