2019年2月22日に小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンを成功させた「はやぶさ2」。その実物大模型の展示を、千葉工業大学 東京スカイツリータウン®キャンパスで開始した。

 実物大模型は千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパスのAreaⅡに展示されており、間近に見て写真撮影もできる。会場でしか見られない「はやぶさ2」情報も展示している。

 千葉工業大学 惑星探査研究センター(PERC)は、「はやぶさ2」に搭載されているほぼすべての科学観測機器の検討と開発に参画。2014年の打ち上げから帰還までの6年間、その後の科学成果の利活用まで「はやぶさ2」とともに歩むという。

 千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパスは、東京スカイツリータウン®ソラマチ8階。開館時間は10:30~18:00で、入場料は無料となっている。

参考:【千葉工業大学】東京スカイツリータウン®キャンパスにて「はやぶさ2」実物大模型の展示を開始!

この記事が気に入ったらおねがいします。

千葉工業大学

最先端の科学技術を学び、世界文化に技術で貢献するプロフェッショナルを育成

千葉工業大学は1942年(昭和17年)、高度な科学技術者を養成し、日本をはじめアジア諸国を豊かにするという社会的な要請を受け、「興亜工業大学」として創立しました。それから75年、ものづくりを通じて日本の成長を支え続け、今では現存する最古の私立工業大学となりまし[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。