広島大学大学院医歯薬保健学研究科の松本正俊寄付講座教授、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の前田隆浩教授らの研究グループは、医学部の地域枠出身医師や都道府県の奨学金を受けた医師が一般の医師に比べ、高い割合で非都市部に勤務していることを突き止めた。

 広島大学によると、研究グループは全国の地域枠出身医師や都道府県の奨学金を受けた医師合わせて991人の進路を追跡調査し、一般医師の分布と比較、分析した。

 政令市、中核市以外の市町村に勤務する医師の割合は、一般医師が58.1%なのに対し、地域枠で入学し、奨学金を受給しなかった医師が75.8%、地域枠で入学せずに奨学金を受けた医師が84.0%、地域枠で入学して奨学金も受給した医師が88.8%。地域枠入学と奨学金需給の経験を持つ医師が高くなっていた。

 勤務市町村の人口密度中央値は一般医師が3,214.0平方キロメートルなのに対し、地域枠で入学し、奨学金を受給しなかった医師が1,042.4平方キロメートル、地域枠で入学せずに奨学金を受けた医師が613.5平方キロメートル、地域枠で入学して奨学金も受給した医師が547.4平方キロメートルと、より人口密度の低い地方で勤務していることが分かった。この傾向は大学卒業後の年数を重ねるごとに強くなっている。

 研究グループは「地域枠創設から10年が経とうとしているが、地域枠と都道府県奨学金の効果が出ている」とみている。

論文情報:【Academic Medicine】Geographic distribution of regional quota graduates of Japanese medical schools: a nationwide cohort study

この記事が気に入ったらおねがいします。

中国地方の大学

グローバル人材を持続的に輩出。知を創造する世界トップ100の大学へ

「平和を希求する精神」、「新たなる知の創造」、「豊かな人間性を培う教育」、「地域社会・国際社会との共存」、「絶えざる自己変革」の5つの理念の下、11学部11研究科を擁する日本でも有数の総合研究大学。未知の問題に自ら立ち向かう「平和を希求する国際的教養人」の育成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。