日本旅行業協会や観光庁、文部科学省などで組織する「若者のアウトバウンド推進実行会議」は若年層の海外渡航促進を目指し、20歳の若者に初めての海外旅行を無料でプレゼントする「20歳初めての海外体験プロジェクト」と題した新事業を10~12月に実施する。

 日本旅行業協会によると、応募対象はこれまでに海外渡航経験がない日本国籍所有の20歳の若者で、3月22日にオープンする専用ホームページから応募する。応募者多数の場合は抽選で参加者を選ぶ。当落の通知は6月になる見込み。

 ツアーは10~12月に開催を予定している。渡航先は台湾の高雄、韓国のソウル、香港、タイのバンコク、グアムなどアジア、太平洋の国と地域で、文化・スポーツ体験や現地の若者との交流、ボランティア活動などが企画されている。

 費用は無料。ただ、海外空港の徴収税、国内空港の施設利用料などは別途必要になるが、旅券の取得手数料は取得後に全額補てんされる。

 経済や社会の国際化の進行とともに、国際感覚を持つ若者の育成が国内でも急務になっている。このため、同実行会議は海外渡航経験のない若者の初めの一歩を後押しし、グローバル人材のすそ野を広げようとこの事業を計画した。

参考:【日本旅行業協会】「ハタチの一歩」~20歳初めての海外体験プロジェクト~ 20歳・200名に初の海外体験を無料提供(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。