日本学術振興会は、大学教育のグローバル展開力の強化を図る「大学の世界展開力強化事業」において、2015年度採択分11事業の中間評価結果を公表した。

 「大学の世界展開力強化事業」は、文部科学省において2011年度から開始。国際的に活躍する人材の育成、大学教育のグローバル展開力を強化し、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行う事業対象国・地域の大学との教育連携を支援することを目的としている。

 2015年度の採択分11事業のうち、優れた取り組み状況で事業目的の達成が見込まれる最高評価「S」が2件、取り組みを継続することで事業目的の達成が可能と判断される「A」が8件、取り組みを改善することで事業目的が達成される「Aマイナス」が1件だった。

 「S」評価をとなったのは、中南米諸国を交流先とする東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学の「日本と中南米が取組む地球的課題を解決する文理協働型人材養成プログラム」と、長岡技術科学大学、鶴岡工業高等専門学校らの「NAFTA生産拠点メキシコとの協働による15歳に始まる技術者教育モデルの世界展開」だった。

 近年、政治情勢の混乱や無差別テロなど安全を脅かす事件が発生し、その影響を受け、学生たちの安全確保の観点から一部事業では交流実施計画を変更せざるを得ないものもあった。その結果、全11事業のて交流した学生は、派遣目標の日本人学生393人に対して実績382人だった。一方、受け入れた外国人学生は目標327人に対して実績338人で目標値を上回った。

 今回の中間評価を通じ、事業全体に共通したのは、単位取得を伴う短期および長期交流やインターンシップなどが充実し、質の保証を伴った交流プログラムが開発・実施されている点などが挙げられる。各大学で創意工夫し、全体をとおして概ね事業目的に沿って進捗しているという評価だった。

参考:【日本学術振興会】大学の世界展開力強化事業(平成27年度選定)中間評価結果(PDF)

長岡技術科学大学
東京農工大学

未来に向けて、科学を基盤に持続可能な社会の構築に取り組む

東京農工大学は、農学部と工学部からなる国立科学技術系大学。自由と多様性を尊重した学びと実践によって科学的探究を深化し学生の創造力と好奇心に火をつけ、科学テクノロジーおよび事業の世界で活躍するための能力を育成しています。持続可能な社会の構築を実現する新たな考えや[…]

東京外国語大学

東京外国語を起点に、不快学びを求めて世界各地へ

グローバルな課題を探究するためには、対象地域で使われている言語の習得が不可欠です。東京外国語大学はきめ細かく丁寧な言語教育と、高度で専門的な教育プログラムを提供しています。また、在学生の7割が長期の海外留学を経験しています。英語圏だけでなく世界のあらゆる国や地[…]

電気通信大学

人類の持続的発展に貢献する知と技の創造と実践を目指し、総合的実践力のある高度な技術者、研究者を養成する

電気通信大学は1918(大正7)年に無線通信技術者の養成機関として創設された社団法人電信協会管理無線電信講習所がその起源です。理工系の分野において科学技術イノベーションを先導し知識基盤社会を支える高度人材の育成と輩出を目指します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。