東京都市大学は、2020年4月から工学部を改編し理工学部への名称変更と建築都市デザイン学部を新設。さらに、知識工学部を情報工学部に名称変更する。これらの改編により、東京都市大学は7学部17学科の体制となる。

 東京都市大学は、1929年の設立以来、大学の根幹を担ってきた工学部を理工学部へ名称変更し、建築都市デザイン学部を新設する。また、2007年開設の知識工学部を情報工学部に名称変更する。2020年度からは、これまでの6学部17学科から7学部17学科の体制となる。この大がかりな改編は、学部学科の名称から教育研究の方向性や全体像を想起しやすくするとともに、学部と大学院との連接関係をより一層明確にすることがねらい。

 新設される建築都市デザイン学部は、建築・都市工学の専門能力やデザイン能力を含む問題解決能力を備え、社会の可能性を拡げることができる人材の育成を目指す。従来の工学部から建築学科と都市工学科を独立させ、建築都市デザイン学部として新設。「建築学科120名」、「都市工学科100名」の2学科体制となる。

 東京都市大学は、1929年に設立。建学の精神「公正・自由・自治」の下、専門性の高い総合大学として時代と社会の要請に応える人材を輩出すべく、様々な教育改革を全学一丸となって進めてきた。

参考:【東京都市大学】学部・学科改編のお知らせ(2020年4月新設・改組構想中)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。