立教大学とマカオ大学は、2019年7月5日~7日の3日間、グローバルリーダーシップ育成プログラム、第7回「日本統合型リゾート~健全社会のIRを目指して」を開講する。

 日本のIR(Integrated Resort:統合型リゾート)計画の進展に伴い、IR業界では高度な専門性を持つ人材の育成が喫緊の課題となっている。世界有数のIR都市マカオでは、マカオ大学工商管理学院内に設置されたIR管理学、学士課程、修士課程、博士課程から多くのIR高度人材を輩出している。また、マカオ大学では、IR管理学ノウハウをアジア地区へ提供する事業として、IR短期管理職講座「グローバルリーダーシップ育成プログラム(GLDP)」を実施。2018年は日本で初めて長崎国際大学で開講。第7回となる2019年は東京で初めての開催となり、日本で始めて観光学部を導入し、日本のホスピタリティ産業発展において、長年先駆的役割を果たしてきた立教大学と共催することになった。

 グローバルリーダーシップ育成プログラムでは、「IR(ゲイミング、非ゲイミング)入門編」「レジャー産業経済学応用~IRの基本型と革新的(イノベーティブ)発展」「カジノ管理学、カジノ心理学、ギャンブル依存症対策」の座学などが予定されている。参加対象者は、管理職またはホスピタリティ・ゲイミング産業での企業経験を有する者が望ましく、募集人数40名(先着順)。事前申し込みが必要。受講料は150,000円。

参考:【立教大学】ローバルリーダーシップ育成プログラム 国際統合型リゾート経営管理学 第7回:「日本統合型リゾート~健全社会のIRを目指して」

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。