早稲田大学および附属校・系属校5校(早稲田大学高等学院、早稲田大学本庄高等学院、早稲田実業学校、早稲田摂陵中学校・高等学校、早稲田佐賀中学校・高等学校)とエデュケーション・ニュージーランドの7者間で「教育協力に関する覚書」を締結。2019年6月28日、駐日ニュージーランド大使館で調印式が行われた。

 今回の取り組みは、早稲田大学の創立150周年(2032年)に向けた中長期計画「Waseda Vision 150」の目標のひとつ、“早稲田大学の多くの学生が一度は海外に出て、外から日本を見つめなおし、Global Perspectives(グローバルな視点)を獲得する”ことを目指すもの。エデュケーション・ニュージーランドとの覚書締結を通じ、附属校・系属校の生徒に、より早い時期から留学を体験できる機会を提供する。生徒たちは心理的ハードルが低い状態で、学内のニュージーランド留学プログラムや個人でニュージーランドの現地校プログラムに参加できる。

 今回の教育協力関係に基づき、2019年8月以降、早稲田実業学校の12名をはじめ附属校・系属校の生徒はニュージーランド現地校に留学する予定となっている。

参考:【早稲田大学】附系属校の留学を促進NZ協定締結

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。