2018年1月4日、アメリカの東方海上で発生した「スーパー爆弾低気圧」。従来の低気圧発達理論では説明できないほどの急発達を遂げ、暴風や大雪をもたらした結果、死者20人超の人的被害や約11億ドルの経済的損失という甚大な被害をもたらした。

 この「スーパー爆弾低気圧」の発達要因を世界で初めて解明したと、立正大学、九州大学、海洋研究開発機構、名古屋大学の共同研究チームが発表した。

 本研究では、海洋研究開発機構のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」上で、名古屋大学が開発した雲解像モデル「CReSS」を用いて、海洋上で発達する低気圧の詳細な構造を再現したシミュレーションを実施した。その結果、低気圧が急発達した際、低気圧中心付近で局所的に降水が強まっていることがわかった。研究チームはこれを分析し、降水の源である水蒸気が多量に凝結する際に生じる熱(凝結熱)が、大気を加熱して気圧低下をもたらし、低気圧の発達を加速させたことを見出した。

 さらに、降水の強まりの原因は、アメリカ東岸の沖合を流れる暖流・メキシコ湾流が放出する熱と水蒸気であることを発見した。つまり、メキシコ湾流からの活発な熱・水蒸気供給が、低気圧中心付近で多量の凝結熱の生成を促し、「スーパー爆弾低気圧」の急発達を導いたのだ。

 今回得られた知見は、今後、天気予報の改善や温暖化が爆弾低気圧へ与える影響の理解向上に貢献することが期待される。また、黒潮が流れる日本周辺でも爆弾低気圧が発生することから、日本付近の爆弾低気圧を理解する上でも有用な情報になるという。

論文情報:【Geophysical Research Letters】Significant impact of heat supply from the Gulf Stream on a “super bomb” cyclone inJanuary 2018

名古屋大学

真の勇気と知性をもち、未来を切り拓いていける人をめざす

名古屋大学は、9学部・13研究科、3附置研究所、全国共同利用・4共同研究拠点などを擁する総合大学です。創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出しています。自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育成[…]

九州大学

世界へ羽ばたき飛躍する。グローバル社会で活躍するリーダーを育成

110周年を迎えた九州大学は、12学部18学府(大学院・教育組織)を擁する総合大学。2018年から高大接続から学部教育・大学院教育、研究者育成を一貫性のある取り組みとした持続的人材育成プラン「九州大学ルネッサンスプロジェクト」を実施し、優秀な学生と卓越した研究[…]

立正大学

グローバル社会を切り拓く「モラリスト×エキスパート」を育成

立正大学は、1872(明治5)年に近代教育機関として開学し、現在9学部16学科を擁する総合大学です。「モラリスト×エキスパートを育む。」という教育目標を掲げ、学生が主体的・能動的に学ぶアクティブ・ラーニングを推進。グローバル時代を力強く生き抜くための高度な思考[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。