麻布大学は「ヒトと動物の健康社会をめざす動物共生科学」をテーマに、2019年8月4日にサイエンスカフェを開催する。

 当イベントは、麻布大学が取り組む最先端の科学研究を高校生や地域の一般市民に向けてわかりやすく紹介する科学イベント。文部科学省より2016年度に採択された同校の私立大学研究ブランディング事業『動物共生科学の創生による、ヒト健康社会の実現~地球共生系「One Health」~』の全体像と3本柱(社会・遺伝子・微生物)を紹介し、参加者の疑問に各グループのリーダーを務める研究者が直接答える。

 オープンキャンパスに合わせて開催し、参加費無料・事前申し込み不要で誰でも参加できる。カフェタイムではドリンクとお菓子も用意され、研究者と参加者が自由に歓談しながら動物との共生に関する知識を深める機会を提供する。また、会場内(カフェテリアさくら)でのパネル展示も合わせて実施する。

<開催概要>
●日時:2019年 8月4 日(日)、15時40分~17時
●会場:麻布大学 カフェテリアさくら
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
(JR 横浜線 矢部駅 徒歩 4 分)
●対象:高校生・保護者・高校教員、一般市民

参考:【麻布大学】サイエンスカフェ「ヒトと動物の健康社会をめざす動物共生科学」を8月4日(日)に開催 ~ヒトと動物の共生に関して、研究者と直接話せます!~

この記事が気に入ったらおねがいします。

麻布大学

5つのフィールドから「地球と共に生きる」未来を描いています。

麻布大学のルーツは、明治23年(1890年)、與倉東隆によって東京の麻布(現 港区南麻布)に開設された「東京獣医講習所」にさかのぼります。1950年に麻布獣医科大学として開学、1980年に麻布大学に改称。2015年には125周年を迎えた歴史ある大学です。建学の[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。