千葉商科大学は、みんな電力株式会社を通じて、市川キャンパスで使用する電力を2019年8月1日より順次、再生可能エネルギー由来の電力に切り替える。

 同大学は地球温暖化対策等の環境保全に協力するため、日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指している。国連のSDGs(持続可能な開発目標)の12番「つくる責任つかう責任」のエネルギーにおける実践として、2014年からメガソーラー野田発電所を稼働。2019年1月には同発電所を中心とした同大学所有の太陽光発電設備での発電量が消費電力量を上回り、電力生産での100%を達成した。

みんな電力株式会社のブロックチェーン「P2P電力トレーサビリティシステム」を利用することで、同発電所のFIT電気を市川キャンパスに供給することを証明する。なお、電力の不足分は、他のFIT電気や再生可能エネルギー電力により補充し、さらにトラッキング付き非化石証書により、再生可能エネルギー利用率100%を実現する。2020年度には、ガスを含めたすべての消費エネルギーに相当する発電を行うことを目標に掲げて、全学で取り組んでいる。

参考:【千葉商科大学】千葉商科大学メガソーラー野田発電所のFIT電気を大学へ供給 市川キャンパス、使用電力を再エネに切り替え-電力、調達でも自然エネルギー100%へ-(PDF)

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。