千葉商科大学は、2016年10月29日から3日間「第67回瑞穂祭」を開催。10月31日(月)10:00~14:00には、4号館1階412教室において、ビジネス支援を受けて活動する18の学生団体が発表会を行う。

 瑞穂祭は、学生が企画、運営する同大学最大のイベント。模擬店などが出店される一方で、ゼミやクラブ、サークルなどの活動報告、作品発表も数多く開催される。同大学ではビジネス活動に取り組む学生団体などに事務スペース「企業支援室」を貸し出しており、このスペースを利用している団体による活動発表会は学生にとっても年間の活動を広く伝えるチャンスとなっている。

 活動発表会では、コミュニティカフェプロジェクトやOur Weddingプロジェクトなど、様々な学生団体の活動内容を知ることができる。たとえば地域の幼児や児童向けビジネス教育に取り組む学生団体キッズビジネスタウンいちかわは、仮想都市(キッズビジネスタウン)を創り出し、その中で子どもたちが労働や消費などの体験を通して、まちの機能や仕組みを理解してもらう取り組みについて発表する。

 今年の瑞穂祭は「トゥモローランド~夢見る学園祭~」がテーマで、豪華賞品が当たる瑞穂大抽選会、東京03やハマカーンなどが出演するお笑いライブ、阪本奨悟のライブ、入試相談会などを予定している。

参考:【千葉商科大学】学園祭「第67回瑞穂祭」(10/29-31)を開催します!!

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。