東京大学大学院工学系研究科の矢谷浩司准教授とパシフィックリーグマーケティングは、視聴時間を自在に設定できる野球ダイジェスト動画配信システムの共同研究を始めた。ファン1人ひとりが動画の長さを設定できる仕組みで、野球ファンに新たな楽しみ方を提供する。

 東京大学によると、共同研究では矢谷研究室で開発した視聴者の希望する視聴時間に合わせ、動画再生を可能にする技術を活用。視聴時間を自在に決めることができる野球ダイジェスト動画の生成、配信システムを研究する。

 この技術は動画と音声の解析でシーンの重要度を判定し、視聴者が選択した時間に合わせて動画を自動生成する仕組み。通勤電車内の2分間で見たい、昼休みのうちの10分間でなどという視聴者の要望に沿った動画を見ることができる。

 現代社会では長い時間を要するエンターテイメントコンテンツの消費を避ける傾向が強くなっており、3時間を超すことが多いプロ野球の試合は視聴時間の長さが問題になってきた。パシフィックリーグマーケティングは野球の試合をインターネットで動画配信しているが、3~5分のダイジェスト動画の方がライブ中継より視聴者数が多い。

 しかし、ダイジェスト動画はテレビ局などメディアの編集者が再生時間や内容を決めて作成しているため、視聴者のスケジュールや興味に合わせた配信ができなかった。

参考:【東京大学大学院工学系研究科】視聴時間を自在に設定できる野球ダイジェスト動画配信システムに関する 共同研究開始のお知らせ(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。