慶應義塾大学文学部心理学研究室らの研究グループは、生後2〜7日の新生児が母親の語りかけを聞くことで前頭部―側頭部の脳機能結合を強めることを世界で初めて報告した。胎児期からすでに母国語を学習し、慣れ親しんだ母親の声で言語回路形成が促進され、他者の声認識など社会的コミュニケーションに必要な脳回路が活性化することを示した。

 今回の研究グループには、慶應義塾大学文学部心理学研究室および慶應義塾大学赤ちゃんラボの内田真理子研究員、皆川泰代教授、慶應義塾大学医学部小児科学教室の有光威志助教、高橋孝雄教授ら、中央大学、首都大学東京が参加した。

 本研究では、胎児期に日本語環境にいた新生児37名に対し、母親の声、他者の声で乳児向けの語りかけをした音声を呈示した際の脳活動と脳機能結合を近赤外分光法で計測。その結果、母親の声では特に左脳前後の言語回路や右脳前後の声の認識に関わる回路、つまりコミュニケ―ション機能に関わる回路が強まっていることを認めた。これらは新生児が胎児期に頻繁に聞いた母親の声を認識した上で、愛着や感情など別の処理を行っていることを示唆している。

 これにより、乳児期の養育者の語りかけの重要性を脳科学的に示した。ただし、生後は母親だけでなく慣れ親しんだ特定の養育者とのコミュニケーションによっても同じような脳回路が活性化する可能性が考えられている。この点を科学的に示すために現在は父親の声を使った脳機能実験が行われている。

論文情報:【Developmental Cognitive Neuroscience】Maternal speech shapes the cerebral frontotemporal network in neonates: a hemodynamic functional connectivity study

この記事が気に入ったらおねがいします。

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

首都大学東京は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

中央大学

多様な教育により養われた「行動する知性。」は世界と日本の「中央」へ

中央大学は、1885(明治18)年、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神を掲げ、「英吉利法律学校」として創設されました。この伝統は、総合大学として幅広い学問分野を網羅する現在では、「行動する知性。- Knowledge into Action-」というユニバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。