筑波技術大学は、2019年9月27日、愛知県立岡崎聾学校と連携協定を締結した。筑波技術大学が普通科のみの聾学校と協定を結ぶのは今回が初めて。

 筑波技術大学と岡崎聾学校が連携協定を結んだのは、聴覚障害者の教育の発展と情報保障の更なる推進を図ることが目的。今回の協定の締結を契機に、インターネットを活用して筑波技術大学の講義を中継し、岡崎聾学校で遠隔受講できる仕組みづくりを始める。また、岡崎聾学校の生徒たちが筑波技術大学を訪問し、直接授業を受ける機会も設ける。

 今後、教員および学生・生徒間の交流や学術的資源の相互活用など連携の充実を図っていくことで、聾学校から大学進学を目指す生徒が増えることも期待されている。

参考:【筑波技術大学】愛知県立岡崎聾学校と連携協定を締結

この記事が気に入ったらおねがいします。

筑波技術大学

聴覚・視覚障害者が持っている能力を開花させ、社会に貢献できる先駆的な人材を育成する

筑波技術大学は聴覚・視覚障害を持っていてもリーダーとして社会に参画、貢献してほしいという想いから、開学以来常に最新の科学技術を応用して、障害の特性に即した教育方法を開発し、障害者教育全般の向上を目指しています。また、学生支援の充実に努め、障害補償システムや教育[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。