萩生田光一文部科学相は、2021年度の開設申請があった公私立大など15校の設置認可の是非を大学設置・学校法人審議会に諮問した。この中には宗教法人・幸福の科学の大川隆法総裁が設立した学校法人・幸福の科学学園が計画する幸福の科学大学も含まれる。

 文部科学省によると、新設を計画している公立大学は新潟県三条市が設置する三条技能創造大学、広島県が置く叡啓大学の2校、私立大学が幸福の科学大学のほか、松本看護大学、大阪信愛学院大学の3校。大学院大学は静岡県が設置する公立の静岡社会健康医学大学院大学。

 専門職大学は公立が兵庫県によって設置される国際観光芸術専門職大学、私立が名古屋国際工科専門職大学、和歌山リハビリテーション専門職大学などの合計7校。専門職短期大学はともに私立の人間総合科学大学専門職短期大学、せとうち観光専門職短期大学の2校となっている。

 このうち、幸福の科学大学は人間幸福学部など4学部と大学院で構成され、千葉県長生村と東京都江東区にキャンパスを置く計画。2015年の開設を目指して計画が進められていたが、大学設置・学校法人審議会から2014年、教育の重要な位置を占める大川総裁の霊言が、科学的合理性を立証できていないなどとして不認可とされた。さらに、申請時に不正行為があったとして文科省が5年間、申請を受け付けなかった。

参考:【文部科学省】令和元年10月末申請の大学等の設置認可の諮問について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。