2020年、追手門学院大学は、インド・グジャラート大学と学生交換留学を始めて50周年を迎える。その節目を前に、2019年12月11日、交流50周年記念式典を開催した。

 記念式典では、グジャラート大学のあるインド西部・グジャラート州のアーメダバード市長やグジャラート大学学長、在大阪・神戸インド領事館から領事らが来賓として出席。また、これまでに交換留学に参加した日本とインドの卒業生も来訪した。

 追手門学院大学とグジャラート大学の交流は1970年から双方の学生の留学を通じて始まった。当時、国内でインドの大学と交流している大学はほとんどなく、交換留学の話を進める中で1969年にはインド政府から友好の証として、インド独立の父マハトマ・ガンジーの生き方を伝える「ガンジーキット」と呼ばれる記念品が贈られた。

 これまで交換留学生として本学で学んだインド人学生の中から、前駐日インド大使のスジャン・チノイ氏をはじめ世界で活躍している人材が輩出されており、現地にはグジャラート印日友好協会も設立され日印交流の礎となっている。

参考:【追手門学院大学】追手門学院大学×グジャラート大学 学生交換留学50年インドとの交流50周年記念式典を開催(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。