アルカリ性を呈する建設汚泥を安価・大量に中性化する再生土製造法を、横浜国立大学、domi環境株式会社、ジャイワット株式会社、再資源化研究機構およびエコラボ株式会社からなる産学共同研究グループが開発した。

 産業廃棄物の中でもトンネル建設工事などにより発生する建設汚泥の再資源化率は、アスファルト塊やコンクリート塊の再資源化率に比べて低く、頭打ち傾向にあるという。その理由は、建設汚泥を原料とした再生土はアルカリ性を示すことが多く、利用用途が限定されてしまう上、中和処理などを加えて再資源化するには労力とコストがかかるためだ。

 本グループは、アルカリ性建設汚泥を低コストで中性化して高品質の再生土を製造する技術の確立を目指して共同研究を進めてきた。そして今回、実用化に成功した再生土製造法は、次のような工程からなる。

 まず、アルカリ性の建設汚泥に固化材等を混合して改質する(改質固化工程)。次に、吸水性改質剤を添加しヘドロ状から半固体状になるまで養生する(改質固化養生工程)。次に、解砕機能を有する土質改良機で細粒化し、再生土として利用しやすい粒度に調整する(ほぐし造粒工程)。さらに養生して水和反応を促進させると、建設汚泥はサラサラの細粒固化土となる(水和反応促進養生工程)。最後に、炭酸ガスを曝して再生土を中和する(炭酸ガス接触工程)。

 本技術により、既存の改質剤・機械・設備等で、安価・大量・確実に建設汚泥から中性域の良質な再生土を製造でき、その利用範囲は大きく拡大するとみられる。また副次的な効果として、炭酸ガス接触工程では炭酸ガスを土壌中のアルカリと反応させて炭酸カルシウムとして固定させるため、炭酸ガス排出削減効果も期待できるとしている。

参考:【横浜国立大学】産学共同研究成果 世界初・建設汚泥を安価・大量に中性化する 再生土製造方法を実用化(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。