千葉工業大学、株式会社アドバンジェン、北海道医療大学、横浜国立大学のグループは、脱毛を誘導する因子「FGF5」のはたらきを阻害する人工RNA(RNAアプタマー)の開発に成功した。

 線維芽細胞増殖因子の一つであるFGF5タンパク質は、毛周期において成長期から退行期へのスイッチとなることがわかっている。成長期の終わりに、外毛根鞘とよばれる部位でFGF5が産生され、これが毛乳頭細胞にあるFGF5受容体に結合することで脱毛シグナルとなり、脱毛が起こる。

 一方、アプタマーは、標的とするタンパク質に結合してその働きを阻害することのできる核酸分子であり、次世代型分子標的薬として注目されている。本研究では、FGF5のはたらきを抑えるRNAアプタマーを開発することで、効果の高い育毛剤を開発することを目指した。

 研究グループは、SELEX法(試験管内分子進化法)とよばれる手法を用いて、7種類のRNAアプタマーを取得することに成功した。これらは、FGF5と非常に強く結合し、FGF5がFGF受容体に結合することを阻害するので、FGF5によって誘導される細胞増殖が効果的に抑制されることが確かめられた。

 また、このRNAアプタマーは、FGF5に対して特異的に結合する(FGF5以外のFGFには結合しない)ため、人体に投与した際、他のタンパク質に作用しない、つまり副作用が少ないと考えられるという。以上から、このアプタマーは、育毛剤として非常に高いポテンシャルを持っていることが明らかとなった。

 FGF5は、一部のがん細胞においてはがん化を促進するとの報告もある。今回開発されたRNAアプタマーは、新たな育毛剤としてだけでなく、FGF5に関連した疾患の新たな治療薬となる可能性も期待される。

参考:【千葉工業大学】脱毛因子FGF5のはたらきを阻害する人工RNAを開発-新しい育毛剤の成分として期待-(PDF)

千葉工業大学

最先端の科学技術を学び、世界文化に技術で貢献するプロフェッショナルを育成

千葉工業大学は1942年(昭和17年)、高度な科学技術者を養成し、日本をはじめアジア諸国を豊かにするという社会的な要請を受け、「興亜工業大学」として創立しました。それから75年、ものづくりを通じて日本の成長を支え続け、今では現存する最古の私立工業大学となりまし[…]

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。