2019年12月11日、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)は「日本人留学生数調査2019」の調査結果を公表した。

 JAOSは民間の留学事業者や海外政府機関等の72団体で構成される組織で、留学事業者を対象に毎年日本人の留学生数を調査している。大学生だけでなく、社会人や小中高校生などを含む留学生数統計データを提供しているのが特徴で、今回の調査及びJASSO等の統計によると、日本人の年間留学生数をおおよそ20万人と推定している。

 2019年8月の調査の結果、JAOS加盟の42留学事業者における2018年(2018年1月1日~2018年12月31日)の年間留学生数は80,566人。なかでもアメリカへの日本人留学生数が3年連続で減少しており、2018年に引き続き、今回も17,642名と微減傾向。IIE(国際教育協会)の調査でも同様の傾向がみられ、トランプ大統領による外国人向けのビザ関連の規制などを背景に世界的にアメリカへの留学生が減っているものとみられる。

 一方で、留学生全体の数は増えており、北米ではカナダ、アジアでは2018年にイギリスを抜いて第4位の留学先となったフィリピン、ヨーロッパではマルタ、アイルランドが前回より増加している。特にフィリピンは、数年後は現在第2位のオーストラリア、第3位のカナダに並ぶ可能性もみえているという。

 留学目的として、2018年に比べて最も伸びているのが語学留学である。3カ月未満の短期留学だけでなく、休学やキャリアチェンジのタイミングでの長期の留学もどちらも伸びており、背景には企業での新卒採用や管理職の昇給に求められる英語力が上がっていることが挙げられるという。

参考:【valuepress】アメリカ留学一強時代からの激変。昨年対比で日本人留学生数が増加 ~『一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2019』調査レポート~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。