2014年度1年間に大学間の学生交流協定に基づき、海外留学した日本の大学生が5万2,132人に上ることが日本学生支援機構のまとめで分かった。大学別で最も多かったのは関西外国語大学で、派遣先は米国が全体の4分の1を占めている。

 日本学生支援機構のまとめによると、留学生総数は2013年度を13.5%上回った。男女別の内訳は男子学生が1万9,160人、女子学生が3万2,972人で、男子が14.2%、女子が13.2%2013年度より増えている。

 国別留学先は米国が最も多く、全体の23.9%を占めた。次いでオーストラリア9.9%、カナダ9.4%、英国8.2%、韓国8.1%と続く。留学生の専攻分野は人文科学が61.0%と圧倒的に多く、次に社会科学の9.6%となっている。

 大学別の留学生数は関西外国語大学がトップで1.844人。以下、早稲田大学1.826人、立命館大学1.299人、関西学院大学882人、同志社大学826人、明治大学793人、上智大学755人、慶應義塾大学734人、関西大学706人、中央大学666人の順。国公立大学では千葉大学が最も多く、596人、2位以下は大阪大学と広島大学の各571人、北海道大学552人が続いている。

参考:【日本学生支援機構】協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果(PDF)

千葉大学

次世代を切り拓く人材を育成。世界に輝く未来志向型総合大学へ

千葉大学は、10学部と7研究科・学府、多数の附属施設のもと専門的な知識や技能及び高い課題解決能力とともに、高い知性や倫理観と豊かな人間性を備え、学際的な視点で国際的に活躍できる人材の育成をめざしています。その基盤となる教養教育の充実と教育活動の国際化を積極的に[…]

関西外国語大学

多彩な留学プログラムを通し、新時代のグローバル・リーダーを育成

2020年に創立75周年を迎えた関西外国語大学は、年間約750人の留学生が学ぶキャンパスでの国際交流や、世界55カ国・地域の393大学とのネットワークで実現する、多彩な留学プログラムを展開。学生のニーズに合わせ、年間約1900人の留学生を海外に派遣しています。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。