富山大学は2020年度から数理・データサイエンス教育プログラムを開設し、全学部の新入生に対して数理・データサイエンス教育を必修化する。政府の「AI(人工知能)戦略2019」が実践的な数理・データサイエンス能力を持つ学生の育成を求めているのを受けた措置で、この方針が評価され、文部科学省の数理・データサイエンス教育協力校に選ばれた。

 富山大学によると、2020年度以降の新入生は必修科目の「情報処理」でデータサイエンスと情報処理の基礎を学ぶとともに、数理・データサイエンスに関連した授業を体系化した数理・データサイエンス教育プログラムから選択履修し、専門教育につなげる。

 文科省の数理・データサイエンス教育協力校に選ばれたのを受けて2020年度から2年間、富山大学が北陸地区の事業統括校の役割を果たし、金沢大学、福井大学と連携してノウハウの共有や単位互換制度の導入を進める。

 昨今の急速な情報通信技術や人工知能の進化に伴い、世界的に数理・データサイエンス教育の重要性が高まっている。政府はAI戦略2009の中で文理を問わずに年間50万人程度の大学・高専生が初級レベルの能力を取得し、このうち25万人程度が自らの専門分野への応用基礎力を習得することを目指している。

参考:【富山大学】令和2年度から数理・データサイエンス教育を必修化~文部科学省「大学の数理及びデータサイエンスの全国展開」協力校に選定~

この記事が気に入ったらおねがいします。

富山大学

広い知識と深い専門的学識を教授することにより、「高い使命感と創造力のある人材を育成する総合大学」を目指す

地域と世界に向かって開かれた大学として、生命科学、自然科学と人文社会科学を統合。特色ある国際水準の教育及び研究を行い、人間尊重の精神を基本に高い使命感と創造力のある人材を育成し、地域と国際社会に貢献する力を養います。[…]

金沢大学

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。