アデコグループのグループ会社で、エンジニア人財サービスを提供する株式会社VSNは、大学と連携し、自社の現役エンジニアをアドバイザーとして大学に派遣する産学連携プロジェクトを開始する。

 大学の授業時間の増加や学生数の減少などにより、研究開発に十分な時間と人材を投入できず、学生側も研究の効率化に必要不可欠なITスキルが不足している現状がある。そこで、VSNのエンジニアが大学と連携し、研究やPBL授業(問題解決型学習)に参加。より効率的に高度な研究が促進できるよう社会人視点でアドバイスを行うとともに、学生が研究を通じて卒業後に即戦力の人財として活躍できるよう育成を支援する。

 一方、VSNのエンジニアにとっては、様々な大学が有する幅広い分野の知見に触れることで、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に対応できるスキルの獲得を目指す。また、大学の講師陣や学生へのサポートを通じて、エンジニアとして専門的な技術力を追求する姿勢を高め、本業とは異なる成長機会を創出することで、働きがいの向上に繋げていく。

 現在、VSNが連携を開始している大学・研究室は、芝浦工業大学工学部情報通信工学科山崎敦子研究室、大阪大学大学院経済学研究科中川功一研究室。

参考:【株式会社VSN】大学との産学連携プロジェクトを始動 ― 大学の研究・教育支援を通じてVSNエンジニアのスキル・働きがいを向上 ―

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。