2020年2月13日、名古屋大学は株式会社電通と財源の多様化を目的として、包括的連携の締結式を実施した。

 
 本契約は、名古屋大学の財務戦略立案において、相互の経営資源を活用し、既存事業の収益施策の立案、実行および新規収益事業の創出に共同で取り組むことを決めるものだ。電通から名古屋大学に豊富なビジネス開発経験を持つ専門人材を派遣し、大学内部の経営資源を活用したビジネスモデルを構築することで、昨今求められている国立大学法人経営の自助努力について、全国でも先進的な経営モデルを内外に提示していく。

 今後、名古屋大学の財務戦略立案において、両者はお互いの経営資源を活用し、既存事業の収益化施策の立案、実行および新規収益事業の創出に共同で取り組んでいく。

参考:【名古屋大学】本学が有する学術的知見及び経営資源の社会的還元を目指す新しい取り組みを開始

この記事が気に入ったらおねがいします。

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。