大阪大学微生物病研究所と一般財団法人阪大微生物病研究会(以下、BIKEN財団)、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(以下、医薬健栄研、本部:大阪府茨木市、理事長:米田悦啓)は、新型コロナウイルス感染症のワクチンおよび検査技術の開発に着手した。

大阪大学では、ウイルスの遺伝子操作技術およびウイルス様粒子のタンパク質合成技術における高度な実験ノウハウを有しており、オーダーメイドの抗原が作製可能。この2つのアプローチによる研究開発により、ワクチンの早期実用をを実現したい考え。
また、ウイルス感染者では、自身の免疫系によりウイルスに対する中和抗体が誘導されることから、感染者血液より中和抗体を単離し、この抗体に結合する抗原解析を実施することで、より有効性の高いワクチンの開発を目指す。

微生物病研究所、BIKEN財団、医薬健栄研がそれぞれ有するワクチン開発・実用化にむけた研究資源・ノウハウを活用、すみやかな臨床試験開始を目指す方針だ。
さらに、この連携体制を発展させ、今後新たな感染症の予防や発生時の制御などに向けた研究開発を行うプラットフォームとして整備していく。

参考:大阪大学微生物病研究所「新型コロナウイルス感染症ワクチンと検査技術の開発に着手」

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。