東京理科大学の渡士幸一客員教授のグループは、すでに承認されている薬剤から新型コロナウイルス増殖を効果的に排除する多剤併用を見出した。今回の成果は、国内外の25の研究室・プロジェクトの共同研究(注)により得られた。

 研究グループは国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスを用いて、すでに何らかの疾患に対して臨床で使用認可されている約300の承認薬のウイルス増殖への効果を検証した。そのうち5剤がウイルス増殖による細胞傷害を抑えることを見出し、この中から特にネルフィナビル、セファランチンに着目した。

 ネルフィナビルは抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)治療薬、セファランチンは白血球減少症や脱毛症、マムシ咬傷に使用される薬剤。これらはそれぞれ感染細胞から放出されるウイルスRNAを1日で最大0.01%以下にまで強く減少させ、現在治療薬候補となっているロピナビルやクロロキン、ファビピラビルよりも強い活性を持っていた。またネルフィナビルとセファランチンの併用により、1日で感染細胞からのウイルスを検出限界以下に排除できた。

 また、実際に臨床で使用される投与量でどの程度ウイルス排除に有効かを数理解析で予測した結果、ネルフィナビル(経口投与)単独治療で累積ウイルス量が約9%に減少し、ウイルス排除までの期間が約4日短縮した。またネルフィナビル(経口投与)とセファランチン(点滴投与)の併用治療ではさらに効果が増強し、累積ウイルス量が約7%に、ウイルス排除までの短縮期間が約5.5日となった。

 今回の結果は、新型コロナウイルスに対する新たな治療法を提案し、ウイルスの新規伝播の抑え込みに有用な知見を提供するとしている。

注:国立感染症研究所、東京理科大学、九州大学、産業技術総合研究所、筑波大学、長浜バイオ大学、奈良先端科学技術大学院大学、インディアナ大学、国立国際医療研究センター、北海道大学、東京大学、オックスフォード大学などが参加。

論文情報:【BioRxiv】Multidrug treatment with nelfinavir and cepharanthine against COVID-19

参考:【東京理科大学】新型コロナウイルス治療薬候補となる既承認薬の発見~ネルフィナビルとセファランチン薬剤併用による新型コロナウイルス排除効果~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。