大阪府立大学と大阪市立大学が共同で運営する博士人材育成プログラムが、文部科学省の事後評価で最高のSを取得した。定点評価のシステムを取り入れたカリキュラムや企業幹部経験者による実務研修などが高く評価された。

 大阪府立大学によると、博士人材育成プログラムは2013年度に文部科学省から採択され、産業界を牽引できる高度研究人材を育てている。システム思考とデザイン思考を兼ね備えた起業家精神を養うため、学生はワークショップで企業や金融、地方自治体関係者らと議論するほか、3カ月以上の異分野研究、海外留学、企業インターンシップを経験している。

 その結果、2019年11月時点の修了者19人のうち、16人が企業、2人が産業界とのつながりを重視する公的研究機関、1人が国立大学助教となり、活躍している。

 事後評価は博士課程教育リーディングプログラム委員会の下に類型別審査・評価部会を設置、リーダー養成の学位プログラム構築や修了者の成長、事業の定着度などを審査して結果をまとめた。

 プログラムコーディネーターを務める大阪府立大大学院工学研究科の藤村紀文教授は「現代はことづくり(※1)と呼ばれる産業シフトが始まっている。『もの』の開発に『こと』の考え方を融合し、産業界を牽引する人材を送り出していきたい」とのコメントを発表した。

※1 ことづくり 顧客がその商品を使ってやりたいことは何かをマーケットの視点から俯瞰的に考え、ビジネスを作ること

参考:【大阪府立大学】大阪府立大学と大阪市立大学が共同で運営する博士人材育成プログラムが事後評価でS評価を取得
【日本学術振興会】平成25年度博士課程教育リーディングプログラム事後評価結果

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪府立大学

「高度研究型大学―世界にはばたく地域の信頼拠点―」 教育・研究・社会貢献に取り組み、リーダーシップのある学生を社会に輩出する。

国際的な考えを持つためには、何よりも幅広い教養が必要です。 「実学」と「リベラルアーツ」の伝統を有する本学は、組織的な教育体制の整備とともに、学生に対する手厚い指導に基づく教育力および教員個々の研究力を一層深めることにより、世界に羽ばたくリーダーシップのある[…]

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。