2020年4月8日、大阪大学発のスタートアップ企業「ファンペップ」(大阪府茨木市)は、大阪大学とアンジェス株式会社が共同で進めている新型コロナウイルス予防用DNAワクチンの開発に参画したと発表した。

 大阪大学とアンジェスは、3月9日に新型コロナウイルス「COVID-19」に対する予防用DNAワクチン開発の着手を発表。現在、ペプチド技術を用いた次世代ワクチンの開発に取り組んでいる。

 ファンペップは大阪大学の研究成果である、ワクチンの効果を高める「ペプチド技術(AJP001)」を持ち、この技術を用いた「ペプチドワクチン(抗体誘導ペプチド)」は既に海外で臨床治験を実施している。現在開発中のDNAワクチンにこのペプチド技術を加えることで、抗体産出力の向上が期待されるという。

 ファンペップの参画により、ワクチンの投与量や回数を少なくしたり、ワクチンにより強力な感染予防効果や重症化の抑制といったメリットが付加されることが期待される。

参考:【株式会社ファンペップ】アンジェスと大阪大学が手掛ける新型コロナウィルス(COVID-19)向けDNA ワクチン共同開発にペプチド技術を用いた次世代ワクチン開発に向けてファンペップが参画(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。