英国の高等教育専門誌「ティー・エイチ・イー(THE)」は、世界の大学の社会貢献度を国連のSDGsの枠組みを使って可視化した「THE大学インパクトランキング2020」で、北海道大学を日本国内最高の総合76位に選んだ。世界1位にはニュージーランドのオークランド大学が入っている。

 THEによると、世界ランキングは2位にシドニー大学、3位に西シドニー大学、4位にラ・トローブ大学と豪州の3校が入り、5位に米国のアリゾナ州立大学、6位にイタリアのボローニャ大学、7位にカナダのブリティッシュコロンビア大学、8位に英国のマンチェスター大学、9位に英国のキングス・カレッジ・ロンドン、10位に豪州のロイヤルメルボルン工科大学が選出された。

 日本の大学は北海道大学の76位がトップで、東京大学が同率の77位、東北大学が97位に入っている。
日本からは72の大学が参加し、うち63校が総合ランキング入りした。初めてランクインした大学の中には、足利大学、白鴎大学、恵泉女学園大学、麗澤大学、多摩大学など地方大学や小規模大学も含まれ、研究重視の世界ランキングとは大きく異なっている。

参考:【THE世界大学ランキング 日本版】SDGsに対応したTHE大学インパクトランキングで北海道大学が総合76位

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。