新型コロナの影響で進路選択に不安を抱える高校生家庭が増えているが、長引く休校措置により、学校に相談することもままならない。そうした状況のなか、高校生向けジョブツアーマッチングサイト「ATTEME」等を運営する株式会社アッテミーがオンライン進路相談窓口を開設した。LINEの公式アカウントを通じ、キャリアコンサルタントや元進路指導教員らが高校生家庭に無料で個別相談を実施する。

 新型コロナウイルスの影響による企業の休業等により、アルバイトができない高校生や保護者の収入が減少し、経済的に厳しい高校生が増えている。文部科学省の調査では社会情勢によって高校生の進路に大きな影響があることが証明されており※、進学を希望しながらも経済的事情により就職を選択せざるを得ない状況等が予想できる。しかし就職に関しても、リーマンショックを超えるともいわれる今回の経済的打撃により、採用に慎重になる企業が数多く出る可能性がある。

 そうした状況を鑑み、5月1日から開設されたのが「高校生就職対象・保護者向けLINE相談窓口」だ。キャリアコンサルタントや元進路指導教員らが進路に関する個別相談を受け付ける。料金は無料。
「コロナの休業により家計が苦しくなった。卒業後の進路を就職に変更することも考えているが、高卒就職とはどのようなものか」「コロナによってパートに入れなくなり家計が苦しい。子供は本当は進学したいようだが、どのような奨学金制度があるか教えてほしい」「子供に進学ではなく就職をしてほしいが、どのように切り出してよいかわからない」「コロナの休校措置で本来あるはずの3者懇談も行われていない。誰に子供の進路のことを相談してよいかわからない」といった保護者をサポートする。

 また「親の収入が減り、高校卒業後の進路を進学から就職へ変更した方がいいのかな」「高卒求人は今年は減るんじゃないか」と不安を抱え進路に悩んでいる高校生本人も、同じ窓口で無料で相談することができる。

 利用は、アッテミーLINE公式アカウントを友達登録して行う。

文部科学省「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する 実態把握」による

参考:【株式会社アッテミー】日本初!保護者向けLINE相談窓口をリリース/コロナによる休校措置延長・家計への影響を受けて

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。