実践女子大学と実践女子大学短期大学部は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、2021年度入学者選抜の「総合型選抜」のオンライン化を決定した。年3回実施予定の総合型選抜のうち、10月に試験を行うI期選抜をオンラインで実施し、受験生が大学に来なくても面接や模擬授業を自宅で受験できるようにする。

 総合型選抜(旧AO入試)は、受験生の人物像を大学側が求める学生像と照らして選抜する入学者選抜方式。面接や書類選考などを行い、学力試験だけでは測れない受験者の個性や熱意も評価して合否を決める。2021年度入学者選抜において、実践女子大学は3学部9学科すべて、短期大学部も2学科すべてで総合型選抜を実施する。

 日程は、10月のI期選抜、12月のII期選抜、来年1月のIII期選抜に分けて3回キャンパスで試験を行う予定だったが、交通機関や会場内での感染リスクに配慮し、I期選抜についてはオンラインで実施する。対象となるのは、大学の3学部9学科、短期大学部の2学科のすべての面接と、文学部美学美術史学科、生活科学部生活環境学科、人間社会学部の模擬授業。

 2021年度の総合型選抜による募集定員は、大学で74人、短期大学部で30人を予定。このうち、I期選抜の募集定員は大学で54人(短期大学部はI~III期の区分はなく総計)。出願書類は、7月1日から同大学のWebサイトでダウンロードできる。また、II期やIII期、2022年度入学試験での総合型選抜の扱いは現時点では未定。コロナ禍の拡大状況などを考慮しながら今後、判断する。

参考:【実践女子大学】総合型選抜の出願について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。