大阪府立大学と大阪市立大学が統合して2022年4月に開学予定の新大学の名称が、両大学を運営する公立大学法人大阪と大阪府、大阪市の最終協議で「大阪公立大学」に決まった。英語名は「University of Osaka」としたが、大阪大学は、この英語名について「海外等で大阪大学の名称として広く使用されている実態がある」として再考を申し入れている。

 大阪市立大学によると、最終協議には、西澤良記公立大学法人大阪理事長と吉村洋文大阪府知事、松井一郎大阪市長が大阪市役所で行い、新大学名称検討委員会が新名称案として挙げた「大阪公立大学」「公立大学大阪」「大阪総合大学」の3案から大阪公立大学を選んだ。

 西澤理事長は「12学域・学部、15研究科の多彩な学問領域を有する日本最大規模の公立大学になる。若い方々が生き生きと学べる大学にしたい」とコメントした。

 大阪府立大学と私立大学は2019年に運営法人を統合、内部に新大学名称検討委員会を設けて新名称案の検討を重ねていた。10月に文部科学省へ設置の認可を申請する。新大学の学部入学定員は約2,800人で、全国の国公立大学では3番目の規模になる。

 これに対し、大阪大学の西尾章治郎総長は新大学の英語名が大阪大学と似ていることを問題視し、「特に海外の研究者や学生に大きな混乱を招き、両大学の未来に非常に大きな障害となることは必至。双方の意見交換がないまま、決定されたことは非常に残念で、混乱を招かないよう配慮をお願いしたい」との声明をホームページで公開した。また、海外において「University of Osaka」が大阪大学(Osaka University)と同義で使われている実態を複数挙げ、再考を求めている。

参考:【大阪市立大学】新大学名称が決定し、会見を行いました
【大阪大学】「University of Osaka」が大阪大学の英語名称として使用されている実態

この記事が気に入ったらおねがいします。

大阪府立大学

「高度研究型大学―世界にはばたく地域の信頼拠点―」 教育・研究・社会貢献に取り組み、リーダーシップのある学生を社会に輩出する。

国際的な考えを持つためには、何よりも幅広い教養が必要です。 「実学」と「リベラルアーツ」の伝統を有する本学は、組織的な教育体制の整備とともに、学生に対する手厚い指導に基づく教育力および教員個々の研究力を一層深めることにより、世界に羽ばたくリーダーシップのある[…]

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。