関西大学グローバル教育イノベーション推進機構では、アジア太平洋大学交流機構(UMAP)との共催で、2020年7月27日から9月15日まで、約7週間のオンライン留学プログラム「UMAP-COIL Joint Program」を実施する。

 本プログラムでは、COIL(オンライン協働学習の手法)を用いて、グローバル人材に必要な能力の獲得を目指す。外国人講師による講義をはじめ、外国人学生と協働して、新型コロナウイルスなど最新の国際的問題やSDGs、教育改革、事業革新などをテーマに、グループディスカッションやプレゼンテーションを行う。またグローバル人材とはなにか、漠然としたイメージを具体化させることで、学生それぞれのキャリアビジョンの形成を後押しする。

 関西大学では、2014年度からCOILを活用した先進的な国際協働学習を展開しており、2019年度のCOIL受講学生は延べ1,283人に上る。今後もIIGEを拠点に、COIL型教育の日本国内への普及活動に取り組んでいく。

参考:【関西大学】■ この夏、留学を諦める必要なんて、ない。■オンラインで留学しよう 〈UMAP-COIL プログラム〉~ 7 月から 9 月にかけての 7 週間。世界の学生とともに学ぶ ~ (PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。