例年、全国各地で開催し多数の来場者を集める日本最大級の合同進学イベント「夢ナビライブ」(株式会社フロムページ主催、文部科学省後援)。2020年度はオンラインに場を移し、仙台(主に北海道・東北エリアの高校生・受験生対象)、福岡(主に九州・沖縄エリア)、東京(主に関東・甲信越エリア)の3会場にて順次開催する。参加費は無料。仙台会場は9月15日から予約受付が始まっている。

 初のオンライン開催となる「夢ナビライブ2020」は、第一弾が仙台会場(9月30日~10月6日)、第二弾は福岡会場(10月14日~10月20日)、第三弾に東京会場(10月21~10月27日で実施する。「仙台会場」には、国公立大学41校・私立大学46校、「福岡会場」には、国公立大学32校・私立大学64校、「東京会場」には、国公立大学43校・私立大学100校が参加する。

 イベントでは、大学教授が行う30分のミニ講義や各大学の担当者が自学の特徴や入試のポイントなどを紹介する動画配信のほか、Zoomを使って直接質問できるオンライン相談会「大学別説明ブース」や大学教員が学問の魅力を紹介するオンラインガイダンス「まなびステーション」など双方向のコミュニケーションがとれるリアルタイムプログラムも充実している。

 なかでも「質問対応・研究室訪問」は、講義内容について大学教員にオンラインで直接質問できるほか、ゼミや研究室でどんなことを学べるのか教員や大学生から直接話を聞くことができるスペシャルプログラム。1コマ30分、定員100名となっており、予約が必要だ。

 このほか、学力を伸ばすための学習方法から自分に合った学部・学科・志望大学の選び方など何でも相談できる河合塾提供の「進学相談コーナー」や、共通テスト・新入試に向けての対策などを紹介する河合塾、Z会による「受験講座」もある。

 Zoomを使ったリアルタイムプログラムは要予約だが、動画配信によるプログラムは予約不要で期間中は24時間視聴可能。参加希望者はWEBサイトからの申し込みが必要で、各会場の申込開始日は「仙台会場」9月15日、「福岡会場」10月1日、東京会場10月8日からとなっている。

参考:夢ナビLIVE2020 Web WEEK 

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。