静岡大学では、情報学部行動情報学科の狩野芳伸研究室のチームが、電子カルテから診断名を推測する国際コンテスト型ワークショップにおいて、首位の成績を獲得したことを発表した。

 現在、人工知能分野の発展が期待される中、文章の自動解析を行う自然言語処理は最も重要な分野の一つで、医療費の増大が国家的な課題となっていることからも、医療分野への応用は大きな需要と社会的意義があると考えられている。

 国際コンテスト型ワークショップ「NTCIR」では、数年にわたり日本語の医療言語情報処理を競い合う「MedNLPタスクシリーズ」を開催し、各国の研究チームがその性能を競い合うことで、よりよいシステムの開発を行うことを目的としている。

 「MedNLPタスクシリーズ」では、これまで、病名や薬品名の抽出といった基本的な技術の開発などのタスクを競い合ってきた。3回目となった今回のタスクは、日本語の模擬電子カルテと、診断名や病名を分類し番号をつけた国際標準コード「ICD-10」を使用し、電子カルテの文章のみから診断名を自動的に国際標準コードから選び出すというシステムを構築し、性能を競い合うというのもの。

 狩野研究室のチームは、このタスクの中で最も厳しい評価基準(SURE 基準)において首位の成績を達成。タスク自体の難しさから、絶対的な性能はまだ高くはないが、今後、自動的な医療診断支援システムの構築を進めていくための第一歩になると考えられている。今回の成果は2016年6月7日から開催されたNTCIR-12カンファレンス(成果発表会)で発表され、論文も公開されている。

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、6学部1教育プログラムを擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点として、世[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。