研究成果の記事一覧

上下逆さの顔に魚も戸惑い、大阪市立大学

 他の個体を顔の模様で見分けるとされるアフリカの淡水魚が、上下を逆さにした画像を見ると見分ける能力を […]

カエルの合唱法則を通信システムへ応用 筑波大学と大阪大学

 筑波大学の合原一究助教、大阪大学の村田正幸教授らの研究グループは、ニホンアマガエルの合唱の法則性を […]

福島原発事故、安定ヨウ素剤内服の0~9歳児は63.5%

 京都大学大学院医学研究科の中山健夫教授らと福島県立医科大学、福島県平田村のひらた中央病院の研究グル […]

筑波大学など、植物の共生微生物受け入れを制御する新しい因子を発見

 植物は土壌中のさまざまな微生物と共生関係を築きながら生活している。例えばマメ科の植物は、根粒菌と「 […]

忘れた記憶を復活させる薬、北海道大学などが発見

 北海道大学、京都大学、東京大学の研究グループは、マウスとヒトを対象に脳内のヒスタミン神経を活性化す […]

加齢に伴う正常組織の遺伝子異常とがん化のメカニズムを、京都大学が解明

 京都大学の小川誠司教授らを中心とする研究チームは、食道がんが高度の飲酒歴と喫煙歴を有する人に好発す […]

細胞が反復遺伝子のコピー数を一定に保つ仕組みの解明 東京大学

 東京大学の研究グループは、細胞が遺伝子のコピー数を数え安定数を維持する仕組みを持っていることを初め […]

形成初期の原始惑星系円盤でワープ構造を観測 理化学研究所と千葉大学

 理化学研究所と千葉大学の共同研究グループは、アルマ望遠鏡を用いて成長途上にある若い「原始惑星系円盤 […]

ボルネオ島のテングザルに絶滅の予兆、中部大学などが国際共同調査

中部大学の松田一希准教授らの国際共同研究グループは、ボルネオ島に生息するテングザルが絶滅の予兆を示し […]

脂肪細胞を細胞死へ導く仕組み 福岡歯科大学と九州大学が発見

 福岡歯科大学の大谷崇仁助教および九州大学の松田美穂准教授らの研究グループは、骨中のあるタンパク質の […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 159