総合型選抜、学校推薦型選抜が始まり、2022年度入試が本格的に動き始めました。大手予備校の模擬試験の結果も出始め、受験生の学部系統の人気についての傾向もある程度見えてきています。相変わらず情報系の人気は高く、この分野での新設学部学科も増えています。これに加えて、2022年度入試では「法学」と「獣医」が注目されます。この2分野は2021年度入試でも志願者数の減少幅が小さいなど、隠れた人気分野でしたが、2022年度入試では注目分野です。

 

 

 

2022年度入試では私立大学の志願者数減少は下げ止まりに

 今春、2021年度入試は私立大学の志願者数が大きく減少したことが話題となりましたが、来年2022年度入試ではどうなるでしょうか。駿台予備学校の大学入試情報サイトでは、9月に実施された模擬試験の学部系統別の志望動向が掲載されています。これを見ると国公立大学の志望者数は全体では、ほぼ横ばい(前年比99%)となっています。18歳人口が2万人減少することを考えれば、人気は堅調だと言えるでしょう。

 ここ数年、国立大学は学部の新設や改組などによって新しい教育プログラムを次々と展開しています。また、公立大学も新設大学や新学部など先進的な動きもあり、受験生から見た選択肢は広がっています。来年は大阪市立大学と大阪府立大学が統合され、大阪公立大学が誕生するなどダイナミックな変化も見られます。余談ですが、現在の東京都立大学が首都大学東京となった時は、なぜだか穴場になると言われたことで、結果として志願者数が増加しました。ただ、首都圏以外からの出願者が多かったようで、試験当日の欠席者が多かったという現象が見られました。公立大学の統合は定員が増えて入りやすくなるというイメージが受験生にはあるのかも知れません。確かに、理学部、工学部、看護学部など大阪市立大学と大阪府立大学の両方にあった学部は、統合によって学部の定員が増えることになりますので、受験生から見て倍率が緩和されるイメージを持つのも無理はありません。大学入学共通テストの平均点が上がるか下がるかによりますが、志願者が押し寄せる可能性はあるでしょう。

 一方、私立大学も駿台予備学校の大学入試情報サイトによると志望者数の全体は横ばい(前年比99%)となっています。私立大学は今春2021年度入試では、50万人以上の志願者数減少となりましたが、受験生一人当たりの併願校数も恐らく例年並みに戻ると予想されますので、来年はそこまでの落ち込みはないものと思われます。

【参考】
駿台予備学校 大学入試情報サイト
大学入試情報マスターに聞く!志望校選びのアドバイス
https://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/news/index.html

学部系統の人気は、法学、獣医、情報

  1. 1
  2. 2

神戸 悟(教育ジャーナリスト)

教育ジャーナリスト/株式会社KEIアドバンス コンサルティング部 部員
/大学入試ライター・リサーチャー
1985年、河合塾入職後、20年以上にわたり、大学入試情報の収集・発信業務に従事、月刊誌「Guideline」の編集も担当。
2007年に河合塾を退職後、都内大学で合否判定や入試制度設計などの入試業務に従事し、学生募集広報業務も担当。
2015年に大学を退職後、朝日新聞出版「大学ランキング」、河合塾「Guideline」などでライター、エディターを務め、日本経済新聞、毎日新聞系の媒体などにも寄稿。その後、国立研究開発法人を経て、2016年より大学の様々な課題を支援するコンサルティングを行っている。KEIアドバンスは河合塾グループのため、膨大な入試データを活用したシミュレーションや市場動向調査が可能なこともあり、将来構想・中期計画策定、新学部設置、入試制度設計の支援など設置者を問わず多様な依頼が日々多く寄せられる。
詳細プロフィールはこちら