大学院研究科一覧
総合理工学研究科総合理工学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数35名
生物科学研究科生物科学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数10名
文学研究科文明研究専攻 (博士前期) 昼間部 定員数8名
史学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数8名
日本文学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数8名
英文学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数4名
コミュニケーション学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数8名
観光学専攻 (修士) 昼間部 定員数8名
文明研究専攻 (博士後期) 昼間部 定員数4名
史学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数4名
日本文学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数4名
英文学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数2名
コミュニケーション学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数4名
政治学研究科政治学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数10名
政治学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数5名
経済学研究科応用経済学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数10名
応用経済学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数5名
法学研究科法律学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数10名
法律学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数5名
人間環境学研究科人間環境学専攻 (修士) 昼間部 定員数10名
芸術学研究科音響芸術専攻 (修士) 昼間部 定員数4名
造型芸術専攻 (修士) 昼間部 定員数4名
体育学研究科体育学専攻 (博士前期) 昼間部 定員数20名
体育学専攻 (博士後期) 昼間部 定員数3名
理学研究科数理科学専攻 (修士) 昼間部 定員数8名
物理学専攻 (修士) 昼間部 定員数12名
化学専攻 (修士) 昼間部 定員数12名
工学研究科電気電子工学専攻 (修士) 昼間部 定員数50名
応用理化学専攻 (修士) 昼間部 定員数45名
建築土木工学専攻 (修士) 昼間部 定員数25名
機械工学専攻 (修士) 昼間部 定員数75名
医用生体工学専攻 (修士) 昼間部 定員数8名
情報通信学研究科情報通信学専攻 (修士) 昼間部 定員数30名
海洋学研究科海洋学専攻 (修士) 昼間部 定員数20名
医学研究科医科学専攻 (修士) 昼間部 定員数10名
先端医科学専攻 (博士一貫制) 昼夜開講制 定員数35名
看護学専攻 (修士) 昼間部 定員数8名
健康学研究科健康マネジメント学専攻 (修士) 昼間部 定員数6名
農学研究科農学専攻 (修士) 昼間部 定員数12名
生物学研究科生物学専攻 (修士) 昼間部 定員数8名

問い合わせ先・住所など
湘南キャンパス
郵便番号861-2205
住所神奈川県平塚市北金目4丁目1-1
部署名入試担当
電話番号096-382-1141(代)
渋谷キャンパス
郵便番号151-8677
住所東京都渋谷区富ヶ谷2丁目28-4
部署名グローバルシチズンカレッジ渋谷ブランチ(教学担当)
電話番号03-3467-2211(代)
品川キャンパス
郵便番号108-8619
住所東京都港区高輪2丁目3-23
部署名グローバルシチズンカレッジオフィス高輪ブランチ(教学担当)
電話番号03-3441-1171(代)
静岡キャンパス
郵便番号424-8610
住所静岡県静岡市清水区折戸3丁目20-1
部署名スルガベイカレッジ静岡オフィス(教学担当)
電話番号054-334-0411(代)
伊勢原キャンパス
郵便番号259-1193
住所神奈川県伊勢原市下糟屋143
部署名メディカルサイエンスカレッジオフィス(教学ユニット)
電話番号0463-93-1121(代)
熊本キャンパス
郵便番号862-8652
住所熊本県熊本市東区渡鹿9丁目1-1
部署名フェニックスカレッジ熊本オフィス(入試広報担当)
電話番号096-382-1141(代)
札幌キャンパス
郵便番号005-8601
住所北海道札幌市南区南沢5条1丁目1-1
部署名ウチムラカンゾウカレッジ札幌オフィス(広報担当)
電話番号011-571-5111(代)

その他
公式ページhttps://www.u-tokai.ac.jp/

東海大学の記事一覧

理化学研究所など、ラットの繁殖効率を大幅に向上させる過排卵法を確立

 理化学研究所、京都大学、東海大学などの共同研究グループは、ラットの産子数を1.4倍以上に増加させる過排卵妊娠に成功した […]

戦略的創造研究推進事業CREST「NARRABODY」が日仏合同1st Meetingで皮切り

 明治大学の嶋田総太郎教授、東海大学の田中彰吾教授、畿央大学の森岡周教授らと、フランス国立衛生医学研究所のYves Ro […]

能登半島地震、東京大学などが学術研究船で緊急調査航海へ

 海洋研究開発機構と東京大学地震研究所、北海道大学理学研究院、京都大学防災研究所などの共同研究チームは、海洋研究開発機構 […]

EBP実装に向けた看護管理者のリーダーシップを評価する日本語版尺度を開発

 EBP(evidence-based practice:エビデンスに基づいた実践)とは、患者の病態と状況、好みや行動、 […]

畿央大学、CREST採択「ナラティブ・エンボディメントの機序解明とVR介入技術への応用」で日仏共同研究へ

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターは、フランス国立衛生医学研究所をはじめとする日仏共同研究に参加し、「ナラ […]

東海大学の記事一覧